勉強は大変・・・でも一人じゃない!!

皆さん、こんばんは。匠ゼミナールの森部です。
最近めっきり寒くなってきたので、体調管理はしっかり行っていきましょう。

さて今回は僕が学生時代大事だなあと思ったこと、今教えていて思う事について書きます。
ずばりキーワードは「切磋琢磨」です。意味は友人同士が互いに励まし合い競争し合って、共に向上することです。


僕自身、友人の存在は本当に大きく、共に励まし合って乗り越えたものはいくつもあります。

勉強、受験もそのうちの一つで時には頼り、時には頼られ、苦しい時も共に乗り切ってきたように思います。

生徒の皆さんも、いずれ受験を迎えます。(三年生はジャストなうですが。。)

そんな時、切磋琢磨できる友の存在は本当に大きなモノになります。

そういう友を本当に大事にしてほしい!強くそう思っています。

テストが終わりました☆

みなさんこんにちは、匠ゼミナールの石崎です。
各学校では中間テストが終わりました。
テストは受けることより、復習が大切!!とよく生徒には話しています。

テストの後は、結果が気になって、点数や順位に目が行きがちです。
しかし、テストは自分の弱点や間違いにパターンを探すことが出来る、
最良の材料にもなります。

もちろん、結果が悪いと落ち込みますよね。
ですが、落ち込むだけで終わってはいけません!!
今の自分の弱点を知り、何をするべきか、考えることが最も大切です。
そして、弱点を克服するためには、もちろん勉強時間を確保することは大切です。
また、弱点克服にはそれ以外の方法もあります。

例えば、ミステイクノート、というのを作ってみることです。
これは、自分が間違った問題ばかりを教科ごとにノートに集め、
その解法を書いたり、さらにポイントをまとめたりする、というノートです。

教科書の内容を隅から隅まで、覚えることが出来たら良いのかもしれませんが、
時間は有限で、体力にも限界があります。
だからこそ、これからの時期は、受験生は特に、効率性を求めて学習することが大切です。
そこで、自分の苦手なポイントを絞る、ということが重要です。
そのためにも、定期テストだけでなく、過去問や模試をやった際など、
必ずこのミステイクノートに間違った問題を中心にやり直しをしましょう。

このノートは、受験の直前に見直したり、何度もノートの問題を解くことによって、
効率的に勉強することができます。
やみくもに問題を解くより、まずはしっかりやった問題を復習しましょう!!

コツコツ小さなことを積み重ねることには、忍耐が必要です。
しかし、この忍耐は必ず受験に役立ちます!!

大事な2学期、しっかり復習して、冬に向かって更に力をつけましょう!!

ひらめき電球そんな匠ゼミナールの情報が盛りだくさんのHPです

匠ゼミナールHP
http://takumi-seminar.com

テスト!テスト!!テスト!!!

皆さんこんにちは、匠ゼミナールの森部です。

いよいよ中間テストが始まりました。多くの中学校は今週真っ最中です。

高校生は来週が多いとは思いますが。。

テスト前ということで教室は、生徒のやる気と先生のアツい指導によって、

熱気付いています!雰囲気もそうですが、本当に教室の中、暑いです(涙)

テスト!テスト!!テスト!!!

さてさて、今回お伝えしたいことは、テスト前の心持ちについてです。

多くの子がいつもに増してやる気を持って、塾にきてくれることは大変ありがたい

ことです。

ただし、本当にやってほしいことは、「家で何を勉強したらいいのか」を

はっきりさせることです。先生が一生懸命に指導するのは当然ですが、

塾の授業は80分しかないので、その中で勉強出来る事は、ごく僅かしかありません。

当然家で取れる勉強時間の方が長いのです。

匠の塾生には、テスト範囲が出たはいいが何を勉強したらいいのか分からない

という生徒が多くいます。そのままの状態で机に座っても効果は非常に薄いです。

もちろん先生側からもその点について積極的に教えますが、

自分でも強く意識して欲しい部分です。

中間テストが終わってしまった子はいるとは思いますが、次回から、

終わってない子は今回から、「塾で何をやって、家では何をやるのか」考えて下さい!

それが分からない子は積極的に聞いて下さい!

それが出来るようになれば、テストの点が変わってくるはずです!!

中間テスト直前です!!

みなさんこんにちは、石崎です。
すっかり朝晩は涼しくなり、秋めいてきました。
ただ、昼間はまだ夏かと思うほどの暑さですね・・・。
気温の変化が多いせいか、最近塾でも風邪をひいている生徒が多いです。
テストも近いので、体調管理には気をつけて行きましょう!!

さて今週から来週にかけて、中学校や高校の多くでは、テストが始まります。
塾でも自習室を活用したり、点取りゼミを受けて対策をしている生徒をたくさんみかけます。
そこでよく聞く声が、何をすれば良いですか?という声です。

テスト直前の時期にやって欲しいことは、ズバリ、
「今までやったことがある問題の復習」です!

ついつい、新しいものに手を広げたくなりますが、そこはぐっと我慢です。
今までやった学校のワークやプリントを解きなおす作業は、少なくとも2回はやりましょう。
何度もやることで、問題を見たらすぐに解き方が浮かぶ、回答が浮かぶようにするとが
大事です。
そのためには、まずは同じ問題で何度も練習です。

これは、実はスポーツの練習と同じことです。
スポーツも上達しようと思ったら、何度もフォームを確認したり、素振りをしたり、
基本的な練習を繰り返し、体に覚えさせていきます。
勉強も同じで、基本的なことを、体にたたき込むことが大切です。
やったことがある問題、似ている問題がテストに出ることはよくあります。
その時に、瞬発力を発揮して回答できることによって、時間を効率的に使えます。

繰り返し同じ問題をやることは飽きてしまったり、ついついサボりがちです。
しかし、その面倒くさい一見遠回りに見えることをしっかりやることが、
テストで必ず結果につながります。
勉強が得意な人、好きな人は必ずと言っていいほど、予習よりも復習を大切にしています。

テスト本番で自信をもって回答出来る問題が増えるよう、コツコツ頑張りましょう!!

ひらめき電球そんな匠ゼミナールの情報が盛りだくさんのHPです

匠ゼミナールHP
http://takumi-seminar.com