暗記するために・・・☆

みなさんこんにちは、本郷校の石崎です。
毎日毎日寒いですね、、、
この時期、中高生はテストがあり、精神的にも体力的にもきつい時期です。
テストが終わると気が緩み、体調を崩しやすいので、
手洗いうがいなど、予防していきましょう!!

さて、テスト期間ということで、今日は暗記について書いてみます。
社会や理科など、暗記量の多い科目を、どうやって覚えたら良いですか?
という質問をよく生徒から聞きます。
暗記には色々な方法があると思います。
ひたすら書いて覚える、ノートにまとめる、などなど。。。

しかし、書いて覚えることや、ノートにまとめることが、
書くこと自体が目的になっていては、もったいないと思います。

そこで、あえて書かずに覚える、という方法もあります。
記憶の話をすると、人の脳に記憶が定着するためには、多くの刺激がある方が
良いと言われます。
例えば、自分にとって衝撃的なことはよく覚えているし、そういう出来事は細部まで
再現できたりします。
楽しいとか辛いとかいう感情にかかわらず、気持ちが高ぶるようなことは、
覚えているということです。

そこで、その仕組みを勉強にも活かしてみましょう。
例えば、暗記する時に声に出しながら読む、筋トレしながら覚えることを唱える、
などなど。
暗記するということと同時に、何か簡単なことを一緒にやると、
書くだけよりも一層定着します。

また、思いだす練習も忘れてはいけないと思います。
テストや試験では、暗記したことを思いださなければなりません。
覚えているつもり、になっていると、この思いだす作業が案外難しいことがあります、、、

思いだす練習としては、覚えたことをお風呂の中で思い出してみる、
というのがオススメです。
お風呂でリラックスしている状態で、一度頭の中をリセットするつもりで、
きれいに記憶も整理してみましょう!

学年が上がるに連れて、学習内容は難しくなり、暗記する量も増えていきます。
ここに書いた方法は、あくまで一例です。
自分が勉強する中で、自分に合った暗記方法を見つけていけることが一番ですね!
何事もマネからです。
人の方法をやっていくうちに、自分に合うようにアレンジしていきましょう。

やる気はあるけどどうやれば良いのかわからない、何から始めたら良いのかわからない、
ということはよくあります。
そんな時こそ、塾の先生を頼ってください(*^_^*)
じっくり話を聞き、いろんな方法を一緒に試してみるお手伝いをします。

ひらめき電球そんな匠ゼミナールの情報が盛りだくさんのHPです

匠ゼミナールHP
http://takumi-seminar.com

the time we’re changing

はじめまして。匠ゼミナール北一社校の合田です。
ブログで登場するのは初めてなので、成れていないと思いますが、これからも宜しくお願いします。

今の北一社のテーマである、『変化』についてお伝えいたします。
その変化を大きく分けると、『教室の変化』『先生の意識の変化』『生徒の意識の変化』の3つになります。

教室の変化に関しましては、掲示物や設備など生徒たちの為になるような、そして教室全体で参加できるような教室の雰囲気を作るために日進月歩変えていっています。教室は大切な子供達を預かる神聖な場所と言う意識を持って取り組んでいます。

先生の意識はより一人ひとりの生徒に目を向ける事が出来るように徹底的に意識の変化を促しています。生徒だけに成長を促すのではなく先生自信も生徒と共に成長していき、常に生徒たちの目標の先にいる様意識付けをしています。

そして、生徒の意識の変化。受験生の意識は言わずもがな、今は他学年の生徒の意識の変化にも力を入れています。一人一人と面談をして、お互いに弱点を共有し、克服する為にどうしていったらいいかを時間をかけて話しています。勉強が目的にならない様に理由を含めて意識の変化を促しています。

他にもさまざまな取り組みを行っていますが、文章量の関係で今日はここまでにしておきます。

これからもたびたび、ブログを更新する事になりますが、よろしくお願いいたします!

本日のポジティブ

皆さんこんにちは、匠ゼミナールの森部です。
今回は香流校で行っている「本日のポジティブ」について記事を書きます。
何それ?結構です。そう思うはずです。

常に勉強に対して前向きでいられる生徒はいません。成績が思うように伸びなかったり、
部活で疲れていたり、些細なことで落ち込んだり、ネガティブになる要因は多々あります。
そんな君に「本日のポジティブ!」いわば先生からの喝であります。
「よしやろう!」と思えるような言葉を各先生日替わりで書いてもらっています。
時には面白おかしく書いてあるときもありますが、生徒のモチベーションはちょっとしたことで復活します。
少しでも生徒の気持ちに変化があれば、嬉しいです(笑)

ここで一つ!「塾生みんなで一蓮托生!!」
意味が分かるかな??分からない生徒は調べてみよう!!!


本日のポジティブ

志望校、変えるべき?!

こんにちは、匠ゼミナールの石崎です。

もうすっかり寒くなってきましたね。

学校でも風邪が流行っているようです。

塾でも、最近風邪やインフルエンザ対策として、

手のアルコール消毒液を設置しました。

手洗いうがいや消毒、マスクなどを活用して、

体調を整えて勉強できるようにしたいものですね。

 

さて、今日は志望校についてちょっと書いてみたいと思います。

多くの中学生や高校生は、なんとなく行きたい学校があると思います。

受験生はなおさら、その思いも強く、「絶対行きたい!!」という志望校があるでしょう。

 

そして、この時期になると、志望校と自分の学力や点数を見比べて、

色々と悩んだり考えたりします。

 

「ちょっと点数が足りないし、不安だからやめようかな」

「最後まで頑張りたいけど、頑張れるかな」

「早く進学先を決めたいし、私立にしようかな」

 

色んな思いがあると思います。

 

志望校を選ぶポイントは、人それぞれです。

点数はもちろん、部活動、進学や就職状況、通いやすさ・・・

自分にとって何が一番大事か、きちんと考えて志望校を選べば、

行きたい学校が必ず見つかります。

 

そして、この時期だからこそ、大事にしてほしいポイントがあります。

それは「まだあきらめない」ということです。

 

点数が足りない、時間がない、もう頑張れない、早く安心したい・・・

受験生は同じように、みんなその不安や焦りを抱えています。

 

志望校を変えることは簡単です。

ですが、最後の最後まで、限界まで努力してみましょう。

努力すれば、まだまだ伸びしろはあります。

 

不安な気持ち、焦る気持ちは、いつでも私たちが受け止めたいと思います。

悩んだら、いつでも話してほしいと思います。

そして、とことん話して、しっかり頑張りましょう。

 

努力を怠って、何かを得ることは出来ないのが世の中です。

人には、一生のうちに特に、頑張らなければならない時、というのが必ずあります。

(もちろん、常に努力することが必要ではありますが・・・・)

受験は、そのうちの一つです。

 

大きな試練ですが、乗り越えてこそ、成長できます。

私たちは、まだまだあきらめません。

 

志望校合格に向けて、一生懸命サポートしていきます。

受験生のみんな、最後まで頑張りましょう!!