長期休暇は自分を変えるチャンス!!

yun_727

夏真っ只中!皆さんいかがお過ごしでしょうか。香流校の森部です。

さて,現在は夏期講習期間であり全校舎通してたくさんお申込みいただきました!まずはお礼申し上げます。

夏休みは一年の中で一番の長期休暇であり,今までの復習をしたり苦手を補強したりする上では「ここしかない!今でしょ」というタイミングです。ここで我々も同様に考えなければなりません。いくら長いといっても,時間は無情です。高い意識を持つ必要があります。ただし!あくまで受けるのは生徒。何を叶える為に今時間を使っているのか,何を目標として夏休みの授業を受けるのか,考えればキリがありませんが,この暑い夏に体が悲鳴を上げる中で核となるのは,やはり精神力です。自分は本当に伸びるのかなあ,うまくいくのかなあという不安に苛まれた時,それをいかに受け止めチャンスに変えるか。そうできればいうことはありませんが,挫折の経験が少ないこどもに最初からそれを求めるのは酷というもの。大事なことはこどもに関わる人間が,こどもの成長を信じ,接することです。「まだまだそんなもんじゃない!君ならあなたなら夢を持ちそれを叶えるだけの力がある!」そうやって声掛けをし,こどもの反応を受容することです。この点に関しては,塾とご家庭双方ともに意識する必要があります。ご協力をよろしくお願い致します!!

夏期講習,受けただけの価値があった!そう仰っていただけるように,誠意を持って取り組む所存です。

業後の意見交換会!!!

皆さん,こんにちは。本郷校の片山です。気が付けばあっという間に夏休みも終盤です。気温の高い日が続きます。夏バテや熱中症に気をつけましょう。やはり人間,『体が資本』です。

さて,下記の写真は授業終了後の教師の様子です。匠ゼミナールではこのように指導に教師でミーティングを行っております。特に講習期間である今は指導の綿密な引継が重要です。その場で教師間の意志統一を図り,指導方法に関して改善点を示し,より良くなるように意見交換を行っております。生徒一人ひとりの性格・理解度・進行状況はバラバラです。今のままで良いというものはありません。常により良い方法を求めて進化していく必要があります。頑張ってくれているみんなに少しでも結果がでるように,頑張って良かったと思ってもらえるように『日々努力』の精神を忘れずに邁進して参ります。

本郷写真①

自慢の講師紹介 -榊原先生-

匠ゼミナールの自慢の講師を紹介します!

今回は北一社校の榊原先生の言葉です。結果から過程の見直しをすることが大事!!それではどうぞ!!!

 

みなさんこんにちは、きんさんこと北一社校の榊原です。現在は主に北一社校を担当していますが、香流校・本郷校も担当したことがあるため覚えてくれている人もいるかもしれませんね。

さて、学校の定期テストも終わりもうすぐ夏休みですね。そんなうきうきとした気分だとは思いますが、その前にやらなければいけないことがあります。それはテストの見直しです。

 

『結果よりも過程のほうが大事である。』

この言葉を一度は聞いた事があると思います。しかし、これは「結果が出なくても目標に向かってがんばればいい」という意味ではありません。もちろん、がんばること・努力することは大事です。けれども誰もがテストを受けたらその結果に重点を置き、入試でもテスト結果が合否を分けます。つまり、結果がすべてであるということです。

それでは過程(ここでは勉強方法)は重要でないのかといえば、その答えは「No」です。それは、結果はある過程によって生まれるものであるからです。話は長くなりましたが、私の言いたいことを一言でまとめると

『テストの結果によって勉強方法の良し悪しが判断できる』

ということです。テストの結果が良ければその勉強方法は自分に合っていることになり、テストの結果が悪ければその勉強方法は自分には合っていないことになります。そのため、テストの結果によってその後の勉強方法を考えていく必要があるということです。

 

ここで話は戻りますがテストの見直しでは、間違えた問題のやり直しと一緒に「テストまでの勉強方法を思い出し、考える」ことをしなければなりません。勉強方法は科目ごとに異なる上、同じ教科でも分野が異なればやはり勉強方法も異なります。そのため、ずっと同じ方法をし続けるのもよくはありません。

せっかく何度もテストを受けるのであればそれをうまく利用し、毎回のテストごとに今の自分の勉強方法を見直すことを心がけてみてください。

「がんばったのに成績が上がらなかったので、もう勉強はしない」と考えるのではなく、「成績が上がらなかったのは勉強の仕方が悪かったんだ」と思うことが次への一歩に繋がるはずです。

2015年 中学生の夏期講習についての新提案!!

いよいよ夏休み!遊びの計画だけではなく、勉強の計画もしっかりと立てましょう。

さて匠ゼミナールでは今年も生徒皆さんの長期休暇の学習フォローアップのために、「夏期講習」を実施します。学校の授業がストップするこの期間にしっかりと復習をして二学期に繋げましょう。今回の内容は中学生の夏期講習における新提案です。

さて個別指導の良さと言えば、個々の苦手部分に正確にアプローチできるということです。しかし広範囲の復習には不向きです。また学校が休みで解放された状況で「自分一人では多々ある誘惑に負け長い時間勉強できない、そもそもどこをやればいいか、何をやればいいかわからない・・・」そんな生徒が多く、そのままの状態で夏休みを過ごせば、内容の難しくなる二学期が思いやられます。

そこで考案したのが「少人数制指導」と個別指導の融合です。前者で圧倒的な勉強時間を確保し重要単元を選び抜いた広範囲の学習、後者ですぐにそのフォローをするという新しい体系になります。(なお既存の生徒および保護者の皆様には夏期面談にてご説明をさせていただきました。また学習状況によって個別指導の増コマのみの方が効果的だと判断される場合にはそのようにご提案しております。)

生徒の皆さんにとって最高の夏休みとなるよう、本気で取り組みます!我々講師陣も勝負でございます!!!

中学生の夏期講習について,写真

ファイト一発!!!!

もうすぐ夏休み!!1年間で1番差がつく夏休みの過ごし方を今から真剣に考えよう!!

夏休み ひまわりと空

こんにちは!大久保です! 暑くなりましたね!期末テストが終わると、すぐ夏休みです。

当たり前ですが、社会人からすると1ヶ月以上も休みになるなんて嘘のような話ですが、これが現実、すごいことです。そして、これこそ当たり前ですが、この長い長い休みをただダラダラ過ごすのか、目的を持って過ごすのかで、中身と得られる結果は全く違ったものになります。

もちろん部活や習い事での大会や、友人とのかけがえのない思い出作りなど、やるべきことは多いですが、勉強面に関しても1年間で1番差がつくのが、この夏休みと言われています。

当たり前ですが、勉強面での目標を聞くと、現状維持と言う生徒は1人もなく今より向上したいと言う方ばかりです。それならば、学校が休みの期間にどう過ごすかが大切なことは良くわかっていただけると思います。

具体的には1学期の総復習を徹底的にやりましょう。あとは、どの学年も難易度がかなり上がる2学期の予習、さらに受験生ならば過去の学年の総復習をし入試対策もしなくてはいけません。

これを可能にするためには、当たり前のことを徹底することが出来る環境と、圧倒的な勉強時間の確保が必要です。もちろん、自分でできるのがベストですが、より効果の高い時間にしたい方は匠の夏期講習をご利用ください。

個別指導での親切丁寧な解説、アドバイスをさせていただきます。また、今回から中学生に関しては圧倒的な勉強時間の確保と親切丁寧な解説を他塾よりもより低料金で可能にしたいという思いから、少人数指導&個別指導でのカリキュラムを作りました。

過去の経験から全講師で考え抜き、ベストの夏期講習が提案できると思っております。また、高校生に関しては、志望校や入試科目の再チェックと合格に向けての戦略を一緒に考えていきたいと思っております。

大学入試は戦略で決まる!高校生は個別でとことん話し合いましょう!

詳細は教室長より面談にてお伝えさせていただきますが、もう一度言います。

大切な夏休みをどう過ごすのか、まず生徒自身がしっかり考えてみてください。成績が上がるという結果に対して、人のせい物のせいにせず、自分次第だと自覚を持って向き合い、乗り越える経験をすることこそが、生徒の将来に必ず役立つと考えております。

勉強を通じて立志し自立する。そんな夏休みになるよう全力でサポートしていきます。