自慢の講師紹介 -萬代先生-

匠ゼミナール自慢の講師を紹介します。

今回は香流校の萬代先生の言葉です。それではどうぞ!

ばんちゃん写真

こんにちは!香流校の萬代です。皆さんは普段何を考えながら勉強をしていますか?
私が中学生の時には、勉強は”しなければならないもの”であって、なぜ勉強するのか、ということは考えたことがありませんでした。高校や大学に行くためには必要だとわかっていましたが、ただ学校の先生や周りの人の言うままになんとなく勉強し、それが自分にとって何の役に立つのか、何のために勉強をしているのか、は考えないようにしていました。今になって、(私はあまり勉強が好きではなかったので)ただ勉強することから逃げていたのかなと思います。誰だって、嫌いなことより好きなこと、苦手なことより得意なことを優先させますよね。例えば、やらないといけないことはわかっているんだけど宿題をおいて遊びに行ったり、合唱コンクールはやる気が出ないけど体育祭は頑張ったりということです。ただ、苦手なことや嫌いなことでも、自分から進んでやるときもあると思います。私は中学・高校と吹奏楽部に入っていたので、その時のことを例に出しますが,部活をやっていて一番楽しいのは本番のコンクールや演奏会で演奏している時でした。でもそんな機会は 1 年のうち 10 回もありません。そのほかの長い期間は全て練習でした。それも,曲を吹いている時間よりは圧倒的に基礎練習をしている時間の方が長かったです。楽器をやっている人なら分かると思いますが、この基礎練習というのは全く面白くありません。だからと言って、なんとなく流しているだけでは自分のためになりません。というわけで、はじめのうちは基礎練習が嫌いで仕方ありませんでした。吹奏楽というのは、音色が全てです。しかも音を聞いただけで、吹いている人がどのくらい基礎練習をしたのか、すぐにわかってしまいます。つまり、上手いね!と言われるためにはこの誰もが嫌いな基礎練習をたくさんする必要があったのです。これを知ってからはひたすら基礎練習をしました。私が、部活を通して身につけたのは、嫌いなことに立ち向かう方法だと思っています。中学生や高校生の時の自分にできたことがなぜ今の自分にできないんだ!と思うといつでも頑張ろうという気持ちになります。これと勉強がどう結びつくんだ、と思われるかもしれませんが、勉強もやることは同じです。自分が嫌い、苦手だと感じていることにどうやって立ち向かうのか。これに自分なりの方法で答えを見つけられた時、勉強ができるできないに関わらず、自分にとっての大きな成長となるはずです。大事なのは勉強ができることよりもむしろ、苦手なことにどうやって立ち向かったのかです。ここまで力説しましたが、勉強をする理由というのは人それぞれですし、自分と全く同じことを考える人なんているはずがないので違っていて当然です。もし、なんとなく勉強していて、特に理由がわからないという人がいたら、この話を思い出してみてください。そして,嫌いなこと、苦手なことでも頑張ったという経験がないかどうか、考えてみてください。なんとなくやる勉強と、目的をもってやる勉強は明らかに違います。これからは、目的をもった勉強をしていきましょう!!

漢字検定・英語検定のご案内

下記の写真は10月31日(日)に本郷校で行われた漢字検定の様子です。今回,初開催でしたがたいへん多くの方に受験頂きました。改めて資格取得に対する意識の高さが伺える形となりました。基準以上の級に合格すれば内申書の資格欄に記入でき,また大学のAO入試の受験資格に使われるなど,取得していることへのメリットは日に日に大きくなっています。

漢字検定写真

匠ゼミナールでは今後も継続的に資格取得を応援します。次回も頑張りましょう!!

下記には次回のご案内を掲載させて頂きます。また次回からは英語検定も受験可能になります。是非,ご検討下さい。

 

【漢字検定】

試験日:平成28年1月30日(土) 13:00~14:00

申込締切日:平成27年12月11日まで

受験可能検定級:2~7級

 

【英語検定】

試験日:平成28年1月23日(土) 13:00~14:50

申込締切日:平成27年12月11日まで

受験可能検定級:2~5級 ※2・3級の二次試験は別会場になります。

 

【共通内容】

受験会場:匠ゼミナール 本郷校

申込方法:別紙申込書に必要事項ご記入の上,各教室長へご提出下さい。

「教室長の声」を更新しました! 北一社校教室長 合田から!

この度,ホームページにも掲載されている「教室長の声」を更新しました。ブログやFacebookをご覧いただく皆様にも,どんな思いで教室を作っているか,運営しているかを知っていただくために順番に紹介させて頂きたいと思います!

次は北一社校の教室長である合田からご挨拶です!それではどうぞ!

kyoshitsucho-kitaissya-kao

こんにちは。北一社校の合田です。生徒たちに目標を持つように日々伝えている私達ですが,私たち自身の目標もお伝えさせて頂きます。

「北一社校はコミュニケーション力地域No1を目指します!!」
教室は、「かけがえのない存在」である子供たちをお預かりする神聖な場所です。 教室には、様々な学校の、さまざまなタイプの生徒たちが通い、それぞれの夢をかなえるためにそれぞれの目標にチャレンジしています。高校受験はもちろん、私立中学受験を目標に勉強する小学生もいれば、大学合格を目指す生徒もいます。また、将来の夢は保育士やフランス料理のシェフなどこちらも様々。そういった生徒たちが「北一社校」に通う理由は、家では勉強できない、先生に質問ができない、勉強の仕方が分からないなど多岐にわたります。だからこそ質問しやすい「温かな雰囲気」と甘えを助長しない「競争と自立の精神」この両立が大切であると考えています。そのために、生徒たちの言葉にしっかりと耳を傾け、話をし、一緒にひとつひとつ壁を乗り越えていく、そんなコミュニケーションを生徒たちととっていきます。先生と生徒という垣根を飛び越えて、お互いの事を分かり、共感するそんな関係性を気付いていけたらと思っています。
その雰囲気の中で、子供たちが、ちょっとしたキッカケで自信をつけ、大きく成長できるよう、私ども北一社校のスタッフ一同は全力で皆さんの成長、そして目標の達成をサポートしていきます。これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

「教室長の声」を更新しました! 香流校教室長 森部から!

この度,ホームページにも掲載されている「教室長の声」を更新しました。ブログやFacebookをご覧いただく皆様にも,どんな思いで教室を作っているか,運営しているかを知っていただくために順番に紹介させて頂きたいと思います!

次は香流校の教室長である森部からご挨拶です!それではどうぞ!

kyoshitsucho-kanare-kao

皆さんこんにちは、匠ゼミナール香流校教室長の森部と申します。

私の紹介文では教育に携わる身として最も大事にしていることをお伝えします。それは匠ゼミナールの理念にもあるように「自立促進」です。

 

○自立を促すとはどういうことか

現在生徒の皆さんは学生として多くのことを学んでいる最中かと思います。ただしいつかは学生を卒業し、社会に出る時がやってきます。社会に出れば、自分の好きなことばかりではない上、やったことが100%いい結果として返ってくることはまずありません。また「自分」のことを真剣に考えれば良かった学生とは異なり、社会人は自分だけではなく「他者」のために責任を持ち、働かなければなりません。さらに共に働く仲間ともいい部分、悪い部分を共有する必要があります。社会では自身の行いに対し「思ったように行かない」からといって逃げ出すことができません。故に社会に出れば、苦境から逃げることのない自己を確立していることが求められます。

匠ゼミナールでは、自立する手段としての学習指導を志としています。その中で私が大切にしていることは、一生懸命勉強に取り組み、その姿勢が結果とどう繋がってくるのかを学ぶきっかけを与えるということです。結果良しであれば、生徒自身が自分の大きな可能性に気づけます。また成果が出なければ、何が悪かったのか、どうすれば次に生かせるのか。良くない結果も前向きに捉え、次なるチャンスをものにする力とします。この自分で考えて行動し、結果を人のせいやもののせいにせず、自分自身で顧みるプロセスが必ず自立に繋がると私は信じております。

真面目な話になりましたが、大切なお子様をお預かりし、教鞭を振るう身として、私自身も生徒とともに成長を求めていく所存です。学習塾をお探しの方,「自分の可能性を引き出す指導!」においてはNo.1を目指す香流校で,ぜひお待ちしております。