卒業祝いBBQ!!

皆さん、こんにちは!香流校の森部です。

さていよいよ外の空気も暖かくなり「春」を感じます。そんな中、自らへの挑戦である受験を終えた新高校一年生の卒業祝いとして3月28日(月)に行われたBBQの様子を写真に収めましたので、その一部を皆さんに見ていただきたいと思います!

笑顔あふれるいい一日になりました!!^^

IMG_0972 IMG_0969 IMG_1002 IMG_0999 IMG_0996 IMG_0995

新しいスタートを切った皆さん、これから楽しいことや辛いこと、色々なことがあると思いますが、自分を尊び自信を持って前進してほしいと思います!Congraturations!!

偶然は準備していない人を助けない!!

こんにちは。北一社校の合田です。すっかり春となり、過ごしやすい季節になりましたね。

新年度ということで新たな目標や計画を立てていく時期だと思います。しかし、目標とその計画を立てても、計画通りに事が進まない。そんな経験無いですか?私は温泉旅行が好きで友人とよく行きます。いつも旅館に「これぐらいの時間につきたい」と決めて出発するのですが、悲しいながら時間通りにたどり着いたことがありません(笑)よくよく考えてみると確かにたどり着けない理由がわかってきました。それは旅行だけではなく勉強にも言えることだと思います。その理由は大きく分けて2つあります。

一つ目は計画自体が杜撰な場合。いい加減で適当に作った計画は予定よりも時間が多くかかったりするものです。一つ一つの予定時間の差異は小さくてもいくつか重なると修正できなくなります。また、計画を立てた時には頭になかったものが実際に計画を進めていくと現れます。それを加えると予定を一気に変更しなくてはなりません。

もう一つは計画自体が細かすぎて余裕がない場合。日常を送っていると、予定外のことがたくさんあると思います。それは綿密な計画を立てても同じことです。自分は計画通りに進めていても、そのとおりにならない要因は外部にも多くあります。

計画を立てる場合、時間や内容に余裕を持たせておきましょう。想定外の事態が起こることを予定に入れておく。そして予定通りではなく予定以上のことをやるという気概でことを進めていくといいと思います。また、全体の大枠を決めてからそれから細かい計画を立てていくのもいいと思います。バランスのとれた計画を立てて新年度の準備をしましょう!

sakura006

自慢の講師紹介 -山口先生-

匠ゼミナール自慢の講師を紹介します。

今回は香流校の山口先生の言葉です。それではどうぞ!

講師紹介 山口海人

こんにちは 香流校の山口です。今回は僕の高校時代から大学入試にかけての話をしたいと思います。唐突ですが,僕はTVゲームが好きで高校3年間はそのゲームにのめり込み,部活も頑張ってはいたものの、一方で勉強は全くしていませんでした。当たり前ですが、結果として受けた大学は全て不合格。不本意ながら浪人という形で再度大学受験をすることになりました。他の友達は大学生活を謳歌する中,自身は大学に合格する為に余分に一年という歳月をかける。その限られた時間を有効に使って,他の友達をギャフンと言わせたい,一年浪人させてもらった親御さんにお返ししたい!当時そう思った僕は奮起しました。

月曜から金曜は予備校の授業を受け、その後は当日の授業の復習。土日は次週のすべての授業予習をするという感じで、浪人していた365日のうち350日は塾で勉強していました。
僕の中では勉強ほど,自分の努力が成果として顕れるものはないと思っています。
僕は第一志望の大学に晴れて合格することが出来ました。
さて、僕の授業を受けている人は分かると思いますが、僕はいつも自信満々です。
なぜこの先生はこんなにも自信満々なんだろう?と考えたことがある子もいるかもしれません。その理由は浪人生活一年の努力と,それから得られた結果があるからです。大学をすべて不合格になり、浪人が決まった日はさすがに僕も不安でした。これからの一年全くゲームもせず、友達と遊びもせず、バスケもせずに生きていけるのかと。そしてなにより高校三年間頑張れなかったやつが、一年しかない浪人生活を頑張ることができるのか?と。

しかし、僕は浪人の一年を頑張り抜くことができました。
自分は目標に向かい,頑張ることができる人間であると自分で証明できたのです。頑張ることができる、と自分で分かっている人間は強いです。そしてその頑張ったという事実から得る自らへの期待が自信に繋がっていきます。
本物の自信を得るため,これからも一緒に頑張っていきましょう!!

人との出会いは一期一会!!

皆さん、こんにちは!香流校の森部です。今回は卒業のシーズンということで「出会い」をテーマに話をしたいと思います。

さて、唐突ですが人が一生のうちに出会う人の数をご存知ですか?

考えたこともないかもしれませんが、自分となんらかの接点を持つ人が30,000人、そのうちの近い関係(学校、職場、近所の方)が3,000人、さらにその中で親しく会話を持つのが300人、親友と呼べるのは3人、というそうです。世界の人口は7,300,000,000人(73億人)であることを考えると、いかに生涯で出会う人との縁が貴重かということが分かると思います。

私自身、この時期は塾を卒業する生徒もいて、新たなる道を歩まんとする皆の凛々しい姿を喜ばしく思いながら、どこか心寂しくも感じます。人との出会いは一期一会。この貴重な出会いに感謝し、生徒一人ひとりに僕の気持ちを伝えようと思いますが、ここでも書きたいと思います。

「君たちと出会えて本当によかったです!本当にありがとう!」

また悩んだ時には遊びに来て下さい^^笑

graduation2