ネガティブ思考はしない!ないものねだりは禁物!!

皆さん、こんにちは!香流校の森部です。受験も終盤に差しかかりました。受験生の皆さんは最後まで自分を信じてやり抜きましょう!

さて今回は昨年の受験期、受験生の悩みを聞いた場面を元に、「自らをポジティブに落とし込む」方法をお伝えしたいと思います。

ある中学三年生が私の元にやってきて言ったことは、

「あの子のように少ない勉強時間ですぐに理解することができないから、焦っている。あんな能力があったらいいのに、、、」

その生徒は確かに理解するには時間のかかる生徒でした。ただし目を向けるのはそこではありません。私はこう伝えました。

「理解するまで時間を使ったらいい。誰よりも早く塾に来て誰よりも勉強しなさい。君は他の子よりも負けん気が強くて、頑張る力がある。それも立派な能力だよね。」

次の日から授業が始まる前から塾に来て、毎日夜遅くまで勉強するようになりました。

その子は結果的に第一志望に合格しました。

 

大事なことは「~できない」と自分の欠点に目を付けるのではなく、「~できる」という自ら得意とすることはなにかを考え、行動に移す必要があるということです。他人が自分よりもできていることに着目していてはキリがありません。自分が優れていることは何か、分からなければ匠ゼミナールの先生に聞いてみてください!!

君たちには自分だけにしかない長所があります!常にそこを意識して前向きに学習にも取り組みましょう!!

匠通信vol.84 香流校写真

KEEP STUDYING!

こんにちは!匠ゼミナール北一社校の平野です。受験シーズンもいよいよ大詰めとなりました。同時に風邪をひきやすい時期でもありますので、体調管理は気を付けてくださいね。

さて、まずは私立推薦入試を終えたみなさんご苦労様でした!!

ただし目標達成してやっと勉強から解放され…!と思ったら、それは間違いです。なぜならみなさんの人生は高校合格で終わりではないからです。

勉強を頑張っているみなさんなら、一度や二度経験したかもしれませんが、例えば一年生の時にはわからなかった問題が、三年生になってやり直してみると簡単に解けるようになっていた、こんなことありませんか?そうなんです。これが勉強した者だけに訪れる、「喜びの瞬間」です。勉強は知らないことを知ることです。そうやって知っていることを増やしていくと、今まで見てきたものが全く新しく見える瞬間が訪れます。これが勉強の楽しさであり、本質です。受験が終わりを迎え、自由に時間が使える今だからこそ、新しい知識を蓄えて、自分の世界を広げるチャンスです。

匠通信vol84_北一社写真

 

合言葉はいつも、KEEP STUDYING!