平成29年1学期期末テスト 結果速報①

皆さん、こんにちは。本郷校の片山です。

あっという間に1学期も終わり、夏休みに突入しました。

期末テストではまたまた多くの生徒さんが目標を達成し、自信を深めてくれました。

今回はその結果の一部を下記にご紹介します。

達成した皆さん、本当におめでとうございます!

イニシャル 中学
教科 点数 教科 点数 教科 点数 教科 点数
W・M 香流 1 英語 92 理科 86
T・K 香流 1 英語 86 社会 88
T・S 香流 1 理科 81
M・K 香流 1 英語 82
T・H 猪子石 1 英語 93 数学 81 国語 84
H・T 香流 2 社会 87
M・R 猪子石 2 数学 82 社会 85
B・E 香流 2 英語 95
G・N 香流 3 数学 87 理科 92
F・M 猪子石 3 国語 84
K・K 香流 3 数学 81
F・N 香流 3 数学 85
Y・N 香流 3 数学 92 社会 83
H・H 藤森 1 総合 403 英語 92 数学 83 理科 81
F・M 藤森 1 英語 82 数学 82
T・A 上社 1 英語 90
H・T 上社 1 英語 98 社会 85
O・S 上社 1 英語 86
S・D 上社 1 英語 96
I・K 日進北 1 英語 96 数学 84
S・M 猪高 2 英語 84 国語 81
T・M 藤森 2 理科 84
Y・Y 上社 3 総合 431 数学 93 理科 90 社会 90
S・Y 猪高 3 英語 79 国語 85 社会 92
K・F 猪高 3 国語 81
I・K 上社 1 英語 98
K・Y 猪子石 1 総合 411 英語 99 理科 86 社会 80
K・H 猪子石 1 英語 86
S・K 名電中 1 数学 90
F・S 猪子石 1 英語 81
N・A 猪高 2 英語 88
I・K 猪子石 3 英語 93 国語 84 理科 84 社会 97
N・K 猪子石 1 英語 83 理科 82
K・M 高針台 1 数学 80
A・R 高針台 1 英語 86 数学 84
K・A 高針台 3 英語 81
N・R 高針台 3 社会 82

怠惰の乗り越え方!!

こんにちは!匠ゼミナールの平野です。こう暑いと、いろいろとやる気がそがれてしまいますが…笑

まだまだ暑い日が続きますが、それに負けないぐらいの熱意をもって、この夏を乗り越えましょう!

さて、今回は「七つの大罪」に関するお話です。といっても、某アニメ番組の話ではありません。「七つの大罪」とは、人間のいろいろな感情や欲望です。それらとどう向き合い、抑え込み、自分の目標を達成していくかを、今回はお伝えしようと思います。

七つすべてを取り上げていると、書ききれませんので、今回は6番の「怠惰」を取り上げます。怠惰というのは、やらなきゃいけないことを後回しにしたり、結局やらなかったりすることですね。みなさんも経験ありませんか。もちろん、私もあります。怠惰の裏には、「まだ準備ができていない。もしかしたら誰かに笑われるかもしれない。失敗が怖い。」という感情が隠れていると言われています。確かに、失敗は怖いものです。どうやって乗り越えればよいでしょうか。

いろいろな方法がありますが、まずは、考え方を改める必要があります。実は、「何もしていない」ということが一番の恐怖で絶望的な状況なのです。これでは、せっかくチャンスが巡ってきても、きっと逃してしまいます。待つだけでは、チャンスなんてつかめません。

これに気が付くことができれば、今日からでも行動できるようになります。もし、何かの失敗を恐れて、やきもきしているかたがいたら、「行動していないこの状況が怖いんだ」と自分に言い聞かせ、また一歩踏み出してみてください。ではまた次回!

大切な人とうまくやっていく秘訣

皆さんこんにちは!!香流校の森部です!夏も近づき、暑い日が続きます。熱中症には十分お気を付けください。さて今回は私が実家に帰省した時、母に何気なく聞いた質問の回答が手前みそながら感動したので皆さんにお伝えしたいと思います。

結婚後30年を迎えた母にずばり聞いてみました。

私「喧嘩をしたこともあると思うけど、父との関係を良好に保つ秘訣は?」

母「尊敬と謙譲と愛情を相手に対し持つこと。相手の素晴らしいと思うところを敬い、時に違うと思うことでも自分が引き下がることで相手を立て、常に愛情を持って接すること。」

この考え方に私は「なるほどー!!」と感銘を受けました。通常夫婦や親子など生活を共にするほどの仲であれば、相手の嫌なところが先に目に付いたり、ついつい自分の思い通りにならないことにイライラしたり、愛情がうまく伝わらなかったりすることの方が多いはずです。この状態が続くとお互いの関係は悪化してしまうでしょう。故に双方間の関係を良好に保つためには、自分にはない相手のいいところを称え、相手の考えていることに理解を示し、愛を持って接する必要があります。

教育における指導者と生徒の間にも同じことが言えると思います。

  • できる限り本人のいいところに目を向け、それを生徒自身に伝えることで自信に繋げてもらうこと。
  • 本人特有の考え方にも理解を示し、将来の自分を考えてもらうきっかけを作ること。
  • そして何より第二の応援者として生徒の可能性を信じること。

以上を生徒と接する際の心がけとします。

最後に生徒の皆さん!もうすぐ長い夏休みが始まります!遊びと学習がしっかり両立できるように、

充実した生活を送ってください!!