1%の可能性に挑戦すること

今回は可能性に関するこんな名言を紹介しましょう。

 

「プロのスポーツ選手って確率が1%もあれば、十分、『できる!』と思うんです。」

 

これは、女子プロゴルファーの中嶋千尋さんがおっしゃった言葉です。この言葉を知るにはゴルフのツアーについて知らなければなりません。ゴルフのツアーはおよそ100名が参加します。1位と2位以下では賞金の額にも大きな差がありますし、世間からの注目も優勝者以外にはほとんど向けられることはありません。プロの世界はそれほどまでに厳しいのです。100人の中で優勝できるのはただ1人。つまり、確率で表すと約1%となるのです。プロのスポーツ選手の感覚ってすごいと思いませんか。たった1%の可能性だけで100%の自信を生み出せるのですから、まさに自己肯定感の塊ですね。

そう考えると、私たちは可能性が1%しかないことに挑戦しているでしょうか?皆さんが達成したいことで可能性が1%くらいのものってどんなものがありますか?99%のできない可能性ばかりに目がいって「どうせ無理だ…」となっていませんか?できない理由ではなく、できるようにする方法に目を向けていきたいですね。

中高生のみなさんにとってはまさに受験がそういう挑戦になるのではないでしょうか。しかし、みなさん模試の結果を思い出してください。合格可能性判定に1%なんて書いてあったことはありますか?(笑)みなさんが志望校に合格する可能性は、プロが日々命を懸けて挑んでいる勝負と比べてなんて成功の可能性の高いことか!そう考えれば「志望校、全然いけそうじゃん!」って思いません?

ちなみに、数学的に考えると成功率1%の課題を1回しか挑戦しなければもちろん成功率は1%ですが、400回挑戦したときの成功率は98%にまで上がるのです!回数を増やせば確率が上がるのは当たり前と言えばそうですが、大事なのはやり続ければほぼ間違いなく成功するということです。目標達成を成し遂げている人は運が良い人なのではなく、399回の挑戦と失敗を重ねている人なのです。みなさんも自分のやりたいこと、目指したいことを簡単にあきらめるのではなく「できる」思考でどんどん挑戦していきましょう!

状況に合わせて変化していこう!

こんにちは!高針台中学校前校の南です。新型コロナウイルスの影響で学校の休校が続き、新入生のみなさんにとってはせっかくの制服も冬服にほとんど袖を通さないまま夏服への衣替えの時期になってしまいましたね。 

私自身も教室長として授業を行ったり、生徒面談をしたりする中でタブレット端末の画面越しに生徒のみなさんの様子を見てきましたがその中で嬉しい驚きがありました。それは、学校のお休みが続いて先が見えない状況の中でも、とても前向きに頑張っている人が多いということです。に私の方がパワーをもらっているように感じるくらい明るく元気な姿を見せてくれる生徒もいます。 

今回のテーマは「身の周りの状況の変化にどう対応するのかということについてです。今年に入ってから新型コロナウイルスの影響で先行きが見えない状況が続き、多くの人が漠然とした不安を抱えているように感じます。そのような困難ともいえる状況の中で私たちの目の前には2つの選択肢があります。1つは「何もせずに周りの状況が好転するのを待つこと」、もう1つは「自分から行動を起こし、新たな道を模索することです。どちらが正解でどちらが不正解言い切るのは難しいですただし、長い目で見たときにはどちらの選択をとる方がより良い成果を得られるでしょうか…? 

話は変わりますが、約20年前に大ベストセラーとなった「チーズはどこへ消えた?」という本があります。この本では「状況の変化にどう対応するのが良いのかということが寓話の形式で書かれています。読みやすい本なので中高生のみなさんにもおすすめの1冊です。この本に書かれているポイントをメチャクチャ簡単に言えば「身の周りの状況は必ず変化する!自分も変わっていこう!」となるでしょうか日々変化する状況に対して自分たちもポジティブな考えで習慣や行動を変化させていこう。この教訓は私たちが今まさに直面しているこの困難な状況に対しどのように立ち向かっていけば良いのか大きなヒントになるのではないかと思うのです。 

 学校は再開しますが、今後どうなっていくのかは誰にも想像できません。ただ一つ言えるのは良くも悪くも状況は変化していくということです。その変化をいち早く察知し、それに備えて自分にできる行動を始めることが大事なのではないでしょうか。入塾時に生徒のみなさんにお約束してもらっている誓約書の10番目の項目「周りの人やもの、環境のせいにはしません!」という考え方は家で過ごす時間が長く、生活の中の多くの時間の使い方が自分次第になっている今のような時期だからこそ生徒のみなさんにはよく考えてほしいと思っています 

 生徒のみなさんにとって、今の状況は不安があったりストレスが溜まったりすることでしょう。しかし、このような状況だからこそ学べることがあったり自分を成長させる機会になったりすることも事実です。自分の目標をしっかり見定めて、状況の変化に合わせた前向きな行動を続けるということを実践していきましょう!