大学の推薦入試が始まりました!

みなさん、こんにちは!匠個別予備校の井上です。

学校が通常授業に戻り、授業や部活動など日常を取り戻しつつあるのではないでしょうか。さて、匠個別予備校はと言うと、10月に入ってからというもの推薦入試の面接対策や小論文・志望理由書等の添削指導に日々奔走しています。みなさん、大学入試における、推薦対策ってどんなものかご存じですか?

 

そもそも、大学入試の推薦には、必ずしも面接や小論文等が必要なわけではありません。ペーパー試験のみ、という大学も少なくはありません。しかし、近年は、面接または小論文等が課される割合が増えてきたように感じます。実際、匠個別予備校の生徒でも、一般入試を受ける予定でいても、第一志望の大学や滑り止めの大学を推薦入試で受験する生徒が三分の一から半数程度います。また、国公立大学の推薦入試を受験する生徒も毎年若干名います。依然として一般入試のみ受験する生徒がマジョリティーではありますが、しかし、受験人数の増加は推薦入試のメリットを反映していると感じます。

 

現在の高校1・2年生、また中学生の皆さんと保護者の皆さまに予めお伝えしておきたいのは、「推薦入試は付け焼刃では無理!!」ということです。ここで、付け焼刃、と表現しているのは、高校3年生になってから慌てて調べ始め、推薦入試があったので受験しようとすること、つまり準備期間が十分に取れないのに土壇場で推薦入試を受験しようとすることです。

 

第一に、評定の問題です。これに関しては、何度か匠通信でもお伝えしたことがありますので、くどいかもしれませんが…笑 大学入試における評定は、《1年生1学期~3年生1学期の評定平均》が評価に使用されます。3年生になってから評定を1上げる!のはかなり厳しい状況です。

 

第二に、志望動機や将来のビジョンについて深く考えられない、という問題です。ここで、最初のお話にもどるのですが、大学入試の志望理由書や自己PRを書くのは非常に大変です。志望理由書は大抵の場合、少なくて400字から、多くて1000字強で説明する必要があります。そして、それとは別に、自己PRや、高校時での成果や取り組み、アドミッションポリシー(AP)についての考えをまとめるなど……ついこの間、生徒と取り組んだものでは、両面3枚閉じの出願書類で、ちょっとしたパンフレットを作製した気分でした。想像してみて下さい。いくら自分の志望校とはいえ、それだけの長さで、もちろん論理的に、ありきたりでなく、人と被らないようなオリジナリティの出せる志望理由を書けますか?大学のホームページを少々見たくらいでは書けませんよね。そういう文章は、私でさえすぐ分かります。

 

想像以上に、推薦入試は準備に時間と労力がかかる入試方式です。しかし、じゃあ推薦なんか考えずに、勉強だけに集中して一般だけ受ければいいじゃないかと考える前に、少し考えてみて下さい。なぜ、その学部に行きたいと思うのか、なぜその大学でなければいけないのか、自分が将来なにをしたいのか、それらを考えるのは、なにも特別なことでは無いと思います。さらに言うと、大学受験をするから考えないといけないことではないですよね。週に1回、月に1回、考える機会を設けて、本当に少しずつ考えていけば良いことです。

 

ただ、生徒に自分で考えてみなさいと丸投げしてもなかなか考えられないというのは当然のことだとも思います。周囲の大人が考えるヒント・きっかけを与えれば、その中で自由に考えを深めていくだけの力は個々にもっているので、塾もそういうきっかけを与える存在の一つになれるよう、日々面談に当たっています。ぜひ、一ご家庭でも一緒に考えてみる時間をつくってみてはいかがでしょうか。

まだまだ揺れ動く2025年度大学受験

みなさん、こんにちは!だんだんと涼しくなってきました。体調を崩さないように気をつけくださいね。さて、9月末で学校も通常通りに戻るという生徒さんが多いでしょうか。中間テストも迫っていますね。1年のなかで一番長い2学期。実りある学期にしましょう。

 

今回号では、もう少し先の大学入試、現在の中学3年生が大学受験生になる2025年入試のことをお話ししようと思います。

 

よくご存じの保護者様もいらっしゃるかと思いますが、2025年入試で出題科目がさらに変更・再編されます。色々と情報が錯綜し分かりにくいとお感じの方も多いかと思いますので、確定済み情報を集めて、少しでも分かりやすくお伝えしようと思います。

 

大きなポイントは3つ。

1.国語・数学の記述問題の出題は正式に見送り

2.英語外部試験の利用も正式に見送り

3.現行の出題30科目から21科目へ再編

 

1.をみて「じゃあ、現代文の勉強や文章を書く練習をそこまでしなくても大丈夫か~」とは考えないでくださいね。大学の個別試験で痛い目をみます。現場で指導している身から経験則でお伝えすると、ここ数年、大学別試験で記述形式が急速に増えてきた、と実感します。特に、上位になればなるほど、その傾向が強いように感じます。例えば、記述問題の設問数が増える、制限字数が増える、自由記述の問題が出題されるようになるなど…受験生と添削者にとっては、なんとも厳しい仕打ちです……笑。

 

2.も気を付けて下さい!受験で資格利用できないなら英検を受ける必要性が薄いのか、というと、全くそんなことはありません。たしかに出願にあたって直接的には使えませんが、大学入試共通テストのリスニングの出題傾向が英検の傾向にとっても似ています。実際、中学時から、コツコツと英検を受け続けてきた生徒さんは、共通テストのリスニングにそこまで困らないように感じます。

 

最後に3.ですが、目新しい変化というと「情報Ⅰ」が新科目として新設されます。…ただ、入試で情報を課すかどうかは各大学がこれから判断する段階に入るので、実際にどれほどの国公立大学が受験科目とするかは未定です。社会や理科については、現行の科目が統合されて科目数がかなり減るという発表ですが、実質的に学習する内容にはほぼ変わりがありません。私が注目している変更点は、数学Cの新設(復活)です。(数Cという響き、懐かしいですね笑)数学Cには、数Ⅱからベクトル、数Ⅲから平面上の曲線と複素数平面が移行するようです。つまり、現在教科書で取り扱っていない内容が増えることはありません。ただ、数Ⅲの単元は共通テストのこれまで出題範囲外だったので、共通テストの出題範囲が増える、ということになります。文系国公立志望生にはショックな変更でしょう。文系でも理系でも、早めからきちんと対策をしていく必要がありそうですね。

 

 

いかがでしたでしょうか。少しでも分かりやすく読んでいただけたら幸いです。

これからも、「これ知っといて良かった!」という情報をたくさん発信していきたいと思います!